1. デリヘル遊び方情報局「デリヘルプレイルーム」
  2. デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除チェックポイント

デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除チェックポイント

デリヘル嬢は自宅よりホテルに呼ばれる方が嬉しいというのが本音です。しかし、諸事情によりやはり自宅に呼びたい。そんな時は自宅を清潔にしないといけません。
男性の思う「綺麗な部屋」と女性が思う「綺麗な部屋」は基準が違う事もあります。ましてや裸でプレイするのですから「清潔かどうか」の基準はかなり高めと思っておきましょう。
最悪、NGをくらう場合があるので、しっかり確認しましょう。

デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除ポイント:基本編

玄関から水回り、プレイ場所などの全ての場所に共通する項目です

  1. ゴミは纏めて掃除機をかける
    ゴミやペットボトルが散乱していると不潔な印象を与え、パッと見が綺麗でも実は不潔なんじゃ・・・と思われてデリヘル嬢は落ち着きません。
  2. 物は整理整頓しておく
    汚れてないものでも、取り込んだ洗濯物が放置してあったり、物が散乱していると汚い印象を与えるだけでなく、場所によってはプレイに影響が出る場合があります。
    少しでもきもちよく広くプレイ場所を確保できるよう、整理整頓をしておきましょう。
  3. 汚れている所は拭く
    綺麗に掃除機をかけても、掃除機では取れない汚れもあります。汚れは確実に汚いモノと認識されます。
    全てを拭き掃除しろとまでは言いませんが、デリヘル嬢が直接触れる可能性のある場所だけでも拭いておくと好印象です。
  4. 臭いにも気を使う
    トイレは気にする人もいるでしょうが、他の場所や部屋の臭いを気にして空気を毎日入れ替える男性も少ないのではないでしょうか。自分は住んでいるので気づかない事もあります。
    気にして強い香りの芳香剤など使うと、かえって具合が悪くなるような臭いになる事もあるので、臭いの元を片付け空気の入れ替えをし、無香料の消臭剤などを使うと良いでしょう。

デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除ポイント:玄関

上記以外で必要になってくるポイントです。

  1. 表に出している靴は1足のみ
    あまりにも靴が溢れ返っているのも汚い印象ですし、もしかしたら複数人が中にいるのでは?という不安を与えます。
    玄関が汚いともう瞬間的にテンションガタ落ち必須です。
  2. 傘盾は外
    広い玄関のお宅は中にあっても大丈夫ですが、男の1人暮らしともなると傘盾すらない人もいるでしょう。
    その場合は乱雑に置かず、決めた場所に1〜2本だけ綺麗に置いておきます。雨の日に呼んだ場合はデリヘル嬢が傘を置くスペースも確保しておきましょう。

デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除ポイント:お風呂場と脱衣所

デリヘルは必ずシャワーを浴びます。水回りは女性が特に気にするポイントです。

  1. カビ
    お風呂場はカビが最も生えやすいです。そして擦ったくらいじゃ落ちません。浴槽・床・壁・洗面所や脱衣所はもちろんの事、忘れがちなのが鏡の白いカビです。鏡が真っ白だと、他の所を掃除していてもマイナスポイントです。
    ピンクカビも最近は多いので、黒くないからOKではないので注意です。
  2. 排水溝
    ゴミを取り除いておくのはもちろんのこと、流れが悪いなどは論外です。お風呂もですが、洗面所がある場合はそこの排水溝もチェックです。
  3. 備品も綺麗に
    使わなかったとしても、風呂場にある備品にも目が行くので綺麗にしておきましょう。
    手桶や椅子はもちろん、シャンプーの底のヌルヌルや出口周りが固まって汚れていたりカビが生えてたりするので要注意です。
  4. 洗濯機と洗濯物
    脱衣所や通路に洗濯機を置くタイプの家の場合。少なくとも洗濯物は見えないようにし、洗濯機の蓋は閉じておきましょう。また、表面がほこりまみれの時は軽く拭きましょう。
  5. マットやタオルは新しい物を
    脱衣所のマットやバスタオル、新品があればそれを用意するのがいいですが、最低限でも洗いたてのモノを使用しましょう。
    昨日1回しか使ってないから、ではダメです。1日で物凄い数の菌が繁殖しているのですよ。
  6. 冬はお湯を張っておく
    冬のお風呂場はすごく寒いですよね。軽くパパッとシャワーを浴びるだけでも寒くてやる気が無くならないように、お風呂にお湯を張っておくと少し空気が温まります。
    その時は間違って換気扇まわしっぱなしにしませんように!

デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除ポイント:トイレ

女性はトイレが汚いお店には2度と行きません。男性は意外と散っているおしっこなどに気づきません。

  1. 便器や床・壁が綺麗
    トイレを装飾する必要はありません。ただ、見えるところ全てを綺麗にしておきましょう。男性は床に結構おしっこが散っている事に気づいてない人も多いです。
    必ず床は拭きましょう。壁は最低でも下から30cmまでは拭くように。掃除してみると結構汚い事に驚愕しますよ。
  2. マット・カバー・スリッパ
    全て新品か洗い立てが望ましいです。そしてトイレの蓋は閉じておく方が印象が良いです。
  3. トイレットペーパー
    男性は使う頻度が低いので、あと少ししかなくても補充してない場合があります。また、トイレットペーパーホルダーに誇りが積もっている、なんてこともザラです。気を付けましょう。

デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除ポイント:プレイ場所

1番長く滞在するところです。誇りやペット・ダニのアレルギーを持っている子もいるので念入りにしましょう。

  1. 布団・マットレスを干しておく
    シーツを変えるだけでは拭い去れない汚れや汗、臭いが染みついています。女の子に気持ち良くプレイして貰う為にも、必ず干しておきましょう。
  2. シーツは新しい物を
    布団やベットのシーツや枕カバーも出来れば新品、少なくとも洗い立てを使用しましょう。加齢臭が出てくる年頃だと、1日でもしっかり臭いはついてしまいます。
  3. 布団やベット周りに物を置かない
    単純にモノがあると当たって壊したりしないかなど、邪魔で気になって思い切りプレイが出来ません。
    不自然にモノが置いてあると、盗撮や盗聴の疑いすら出てきます。女の子に変な警戒心を抱かせない為にも、物は置かずに綺麗にしておきましょう。

デリヘルに関するマメ知識:その他項目

デリヘルは他の風俗とココが違う!
素人のコと遊びたいなら断然デリヘルです
性病対策についてのマメ知識
デリヘルを呼ぶなら自宅?ラブホテル?
パネルマジックについてのマメ知識
デリヘルでのクレジットカード利用
デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除チェックポイント