1. デリヘル遊び方情報局「デリヘルプレイルーム」
  2. デリヘル遊び方講座
  3. デリヘルで遊ぶための最低限のマナー

デリヘルで遊ぶための最低限のマナー

デリヘルで遊ぶためにはたくさんのマナーが必要です。といっても、本来は大人としての常識を持ち合わせていれば当たり前の事なのですが、何故か風俗嬢相手にすると出来なくなってしまう人が続出してしまうのです。
ここではデリヘル嬢に好かれるマナーではなく、最低限これくらいは気を付けないと出禁orNG客になる可能性の高い項目をあげています。

マナー1:清潔にしておく

不潔な客はデリヘル嬢に嫌われます。酷いとNG客になります。

  1. 清潔、というと人それぞれの尺度になってしまいますが、風呂に入ってるとか汗臭くないか、それくらいしか気にしてない人が多いですね。
    もちろんそれも重要ですが、デリヘル嬢が見るポイントには爪と口臭も重要なポイントです。
    爪は短く切られていて角はやすりで丸くなっているか。歯磨きはきちんとされていて口臭はないか。
    プレイ前にも歯磨きやうがいはしますが、前もってしてくれている人とその場だけやってる人ではすぐに違いがわかるそうですよ。
  2. 清潔というポイントには洋服や下着も入ってきます。清潔な洗いたてのモノが望ましいですが、仕事帰りにホテルで利用したい時などはせめて下着と靴下は洗い立てor新品に履き替えておくことをお勧めします。
  3. プレイ場所の清潔さもとても重要です。ホテルであれば心配ありませんが、それでも古すぎるオンボロホテルはデリヘル嬢のテンションガタ落ち必須です。
    自宅に呼ぶ際はもっとハードルが上がるので、詳しくは「デリヘルを自宅に呼ぶ時のお掃除チェックポイント」をご覧ください。

マナー2:お店の禁止事項を強要しない

これはNG客どころか出禁になります。

  1. まず、当たり前ですが違法行為は禁止です。軽く考えている人も多いので注意が必要です。
    具体的には「盗撮」「盗聴」「薬物使用」「暴力」「本番行為」などです。
    特に本番の要求や強要は頻繁にあります。頻繁なため、デリヘル嬢も大事にせずに対応していますが、本来ならその瞬間にプレイを中断して今後は出禁です、という風にしても良いのですよ。
  2. お店を通さずにデリヘル嬢に会うのは、法的にはアウトではありませんが、お店的にはアウトです。お店によっては罰金・出禁などの措置がとられます。
    また、お店を通さずに金銭のやりとりで性行為をする場合は売春になるので違法です。
  3. デリヘル嬢の私物に触ったり、時間を引き延ばしたりしてデリヘル嬢やお店、その他の客に迷惑をかける行為も禁止です。
    嬢に迷惑をかけただけならNG客になるだけかもしれませんが、店や他の客に迷惑をかければ程度によって出禁の可能性があります。

マナー3:デリヘル嬢の嫌がる事をしない

お店は女の子が大事です。NGをくらうような客を人気嬢にはつけません。

  1. 基本プレイに入っている事以外のプレイの強要はNGです。多少の性癖の部分でお願いしたい場合はやんわり聞いてみても良いですが、嫌がられたらすぐに諦めましょう。
    また、オプションにある場合はそのオプションが可能な女の子であるか確認が必要です。オプションは女の子が出来るか出来ないかを決めることができます。
  2. AVをまねたような激しいプレイも嫌いです。気持ちよくて思わず頭を押さえてしまった…など悪気はなくてもしてしまう事もあるので注意が必要です。
    AVはエンターテイメントです。AV嬢がよがっているからといってデリヘル嬢が本当に気持ち良いわけではありません。
    そういうプレイをしたい人は、そういうコンセプトのお店を選びましょう
  3. 度が過ぎた口説きも困ります。デリヘル嬢は可愛くて気が利く子が多いので本当に惚れてしまうこともあるかもしれません。
    気持ちを伝えてはダメというわけではありませんが、デリヘル嬢が恐怖を感じるレベルの必死さは、NG客になる可能性大です。