1. デリヘル遊び方情報局「デリヘルプレイルーム」
  2. デリヘル遊び方講座
  3. ラブホテル・ビジネスホテルでデリヘルを利用する時の流れ

ラブホテル・ビジネスホテルでデリヘルを利用する時の流れ

ラブホテルやビジネスホテルでデリヘルを利用したい!
でも初心者さんはラブホって1人で入るの?ビジホって呼べるの?とたくさんの疑問が沸いてきますよね。
そのお悩み、ココで全て解決しましょう。

ラブホテル初心者さんの素朴な疑問

ラブホテルって普通のホテルとは仕組みが違います。

  1. 男1人でもラブホに入れるの?
    最近のラブホテルは1人利用や女性グループでの利用が可能な所もあります。が、盗撮・盗聴器の設置などの事件があったので男性の1人利用は出来ないホテルもあります。
    1人利用は出来なくても1人で部屋に入室は出来ます
    フロントの方に「後から女性が来ます」と伝えておけばOK。デリヘル呼んでますとハッキリ伝える人もいるそうです。
    ラブホでのデリヘル利用は多いのでホテル側も慣れています。恥ずかしがる必要はありません。
  2. 予約は出来るの?
    基本的に予約が出来ないラブホテルですが、最近はスマホサイトなどから当日予約が出来るホテルも出てきています。
    ホテルによるのでホテルに確認してもらうしかありませんが、土日や祝日前夜などはホテルも満室になりやすいので予約出来るホテルがあれば押さえておくと便利です。
  3. 料金の支払いや部屋の選び方は?
    最近のラブホテルは中に入るとフロントの所に電光掲示板に部屋の写真と料金が載っています。
    入室中の部屋は暗くなっているので、電気がついている部屋から選ぶ事になります。部屋を決めたらその部屋のボタンを押します。
    手元しか見えない小窓からフロントの方に休憩・フリータイムなどの利用時間を伝えて料金を支払うホテルと
    部屋に入室してから出入り口にある精算機で支払う・フロントからエアシューターでカプセルが送られてきてそこにお金を入れて送り返す、のように入室後の支払いをするホテルとあります。
    ある程度都心のラブホなら自動精算機が多いです。精算機の場合は後払いの場合もあります。前払いの場合は部屋代を支払って、帰りに延長・飲み物代といった利用があれば追加で支払うという感じです。
    自動精選機なら部屋に入った瞬間に音声案内されます。(初めてだとちょっとビビります)
    フロントの方や精算機の言うとおりにしておけば何の問題もありません。

ラブホテルにデリヘルを呼ぶときの流れ

実際にラブホテルにデリヘル嬢を呼ぶときの流れを詳しく解説します。

  1. デリヘル店・デリヘル嬢を選ぶ
    まずはどこのお店の誰を呼びたいのか決めます。確実に予約がとれるとは限らないので数人候補をあげておくといいでしょう。
    その時来れる子(フリー)でイイという人はお店を決めてホテルへ向かいます。
    ホテルに入ってから決めても問題はありませんが、選んでいる間もホテルの利用時間が過ぎていくので注意が必要です。
    デリヘル嬢を実際に呼ぶ」も参考にしてみてください。
  2. ラブホテルに入る
    デリヘル嬢を事前予約している場合は1時間前などに確認の電話をする必要があります。 また部屋番号を伝える為の電話もしないといけません。
    部屋を伝えてから嬢が来るまでに10〜30分くらいはかかります。10時に予約してるから10時にホテルに入ればいいわけではないのです。
    ホテルの予約が出来ない場合、もし予定していたホテルが空いてなければ他のホテルに移動する必要もあります。
    早めの行動をし、予約の何分前までにホテルに入室すれば良いか予約時に確認しておきましょう。ラブホでの利用が初めてだと伝えれば丁寧に教えてくれます。
  3. デリヘル店に電話して嬢を待つ
    無事部屋に入室出来たらデリヘル店に電話をして部屋番号を伝えます。部屋番号はホテル内の説明書などにも書かれているので、間違わないようにしましょう。
    どれくらいで来れるか待ち時間を聞いておくと心構えが出来ます。
    待っている間はテレビを見るなり歯を磨いて身なりを整えるなりしておくとあっという間に時間が過ぎます。
  4. デリヘル嬢が来たらフロントに電話してカギを開けて貰う
    全てのホテルではありませんが、ラブホのドアはオートロックでフロントに連絡して開けて貰わないといけません。
    フロントから「お連れ様が見えました」の連絡が来た場合はカギが開いていると思うので、チャイムが鳴ったらドアを開けてデリヘル嬢を迎え入れましょう。
    いきなりチャイムが鳴った場合はフロントに電話をしてカギを開けてもらいましょう。
  5. プレイを楽しむ
    デリヘル嬢と挨拶を交わしてプレイ開始です。ルールを守って最大限楽しみましょう。
  6. デリヘル嬢を見送る
    プレイが終わったらお礼を伝えてデリヘル嬢を見送りましょう。この時もフロントに電話をしてドアを開けて貰わないといけません。
    自動精算機だと、精算するとドアが開く仕組みになっている所もあります。デリヘル嬢と一緒に出ても良いですが、デリヘルは送迎もあるので出入り口でさっとお別れしましょう。
  7. 精算して帰る
    デリヘル嬢を見送ったら、時間までのんびり過ごすもよし、精算して帰るもよしです。
    次回は他のホテルも利用してみると違った感じがあるかもしれませんよ。

ラブホテルを利用する時の注意点

ラブホテルを利用する際の細かい注意点を解説します。

  1. 利用時間の注意点
    ラブホテルを利用する時、夜だと宿泊のみの受付だったりする場合も。
    休憩利用時も、デリヘルで60分コースを頼んでいるから60分では短いです。
    デリヘル嬢が到着するまでの時間もありますし、遅れる場合だってあります。
    最低でも利用時間+1時間の計算で入室しましょう。
  2. 持ち物に関する注意点
    ラブホテルは基本的に外出が出来ません
    デリ嬢が来るまで30分あるからコンビニへ・・・とは出来ないので、飲み物やお菓子など中で必要なモノは買って入りましょう。
    中にもドリンクやルームサービスはありますが、限られているし安くはありません。
  3. 待ち時間の注意点
    待ち時間があるからとホテルのAVを見て1発ヌいておくなどしてしまうと、いざプレイに入って困る事があるかもしれません。
    また、ホテル内を散らかしたりベットがぐちゃぐちゃになっているとデリヘル嬢が引いてしまいます。
    デリヘル嬢が来るまで綺麗に保ったまま、歯磨きをしておくなど身なりを整える時間に使いましょう。
  4. どうしても1人でラブホに入れない人は
    ラブホ側も慣れているのでデリヘルでのホテル利用を恥ずかしいと思う必要はないのですが、どうしても1人で入りづらいという人もいるでしょう。
    その時は「待ち合わせ」が出来るデリヘルを利用すると、外で待ち合わせて一緒にホテルに入るという事が出来ます。部屋を一緒に選んだり恋人気分も味わえます。
    ただし、移動時間も部屋を選んでいる時間もプレイ時間に入ってしまいます。
    一緒だと安い部屋を選びにくくなりますし、割引チケットなども使用しにくいです。
    ラブホ利用に慣れていなければフロントや精算でもたついてしまうかもしれません。
    ラブホに慣れていない人は、待ち合わせ型より派遣型で遊ぶことをお勧めします。

ビジネスホテルでのデリヘル利用

出張などでビジホを利用した時、ソコにデリヘルは呼べるのでしょうか。

  1. ビジネスホテルにデリヘルは呼べる?
    ビジネスホテルにデリヘルは呼べるのでしょうか。結論から言うと呼べません。ホテルの規約として予約者以外の人を部屋に入れてはいけないからです。
    ただ、フロントに人がいないなど条件をクリアすればしれっと入る事は出来ます。見つかると大変なのでお勧めは出来ません。
  2. お店側は行けるホテルと行けないホテルを把握している
    どうしてもビジホで利用したい場合はデリヘル店に聞くのが1番手っ取り早いです。
    ホテルに聞いて許可するわけありませんし、サイトの口コミ情報などは最新とは限りません。
    デリヘル店は行けるホテルと行けないホテルは把握しています。どうしてもビジホを利用したいのなら電話で聞いてみましょう。
  3. 呼べないホテルでの利用方法
    ビジネスホテルのデリヘル利用が出来ないのは「利用者以外の人が入室するから」です。
    ビジネスホテルを予約するときに最初からツインまたはダブルの「2人利用」としておけば2人入室することは何ら問題ではありません。
    ただし、当たり前ですが2人分の料金はかかりますし、ビジホは壁も薄いしシャワーも狭いです。
    近隣にラブホがあるならそちらを利用した方が結果的にコスパは良いかもしれません。

デリヘルの遊び方講座次項目:準備中です。お楽しみに!

次は「デリヘルの遊び方講座」記事一覧です